Coju Hemmi Photography
シュプール

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

雪道についたシュプールのような車の轍の上に、木の影が幾重にも伸びて、とても美しいコントラストを描いていた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
湖に映る空

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

風が収まった束の間、湖に空が映し出された。

color photo comments(0) trackbacks(0)
柔らかい夕陽

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

雲もありつつ、夕陽が辺りを照らした。

とても柔らかい光だった。

color photo comments(0) trackbacks(0)
冬の夕陽とナラワラ

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

雪が降って、ナラワラの木々が着雪していた。

それが夕陽で、薄っすらと色を帯びていた。

水面は、まだ凍りかけ。

もう少しすると、雪原に変わるのだろう。

color photo comments(0) trackbacks(0)
お気に入りの時間

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

日が傾き始めるころ、どこからともなく鹿が現れる。

まるでこの素晴らしい夕暮れを見逃さんとしているように。

彼らにとっては、きっとこれが「お気に入りの時間」なのだろう。

color photo comments(0) trackbacks(0)
凍りかけの海

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

野付半島は日本最大の砂嘴。

それが今、まさに凍らんとしていた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
風が止むとき

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

風が止むと、木々や曇り空が、水面に映し出された。

color photo comments(0) trackbacks(0)
蜃気楼

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

蜃気楼は、地面や海面と気温との差が大きいときに見られるのだそう。

このときは内海の向こうの建物が、浮かんで見えた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
じっとしている

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

白鳥は、うずくまってじっとしていることが多い。

それはあたかもオブジェのよう。

風が吹き、水面がざわめき、雲が流れても、その姿をとどめていた。

 

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
白い幹

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

葉が落ちて、白い幹が幾筋もの線となって、湖面に映し出された。

color photo comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/42 | >>