Coju Hemmi Photography
馬とワタスゲ

FUJIFILM X-T2 100-400mm

 

満開のワタスゲと、気持ち良さそうに草を食む馬のコントラストが、なんとも美しかった。

 

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
霞む海岸

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

ジリ(濃霧)で霞む海岸。余分なものがそぎ落とされ、ミニマルな世界になった。

color photo comments(0) trackbacks(0)
小魚の群れ

FUJIFILM X-T2 100-400mm

 

漁港で小魚の群れを見つけた。

みな同じ方向に行儀よく泳いでいると思いきや、へそ曲がりなやつもいるもんだ。

color photo comments(0) trackbacks(0)
白い海

FUJIFILM X-T2 100-400mm

 

日没後のマジックアワー。海が真っ白になった。

color photo comments(0) trackbacks(0)
Blood Flood

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

赤く染まる波が、まるで張り巡らされた血管から流れ出る血の洪水のようだった。

color photo comments(0) trackbacks(0)
弧を描く波

FUJIFILM X-T2 100-400mm

 

ジリ(濃霧)で霞む海岸に、波が弧を描いた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
黄金色の浜

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

潮が引いて露わになった砂浜を、夕陽が黄金色に染めた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
北斎のすごさ

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

現代美術作家の村上隆氏は、「世界で最も有名な日本の美術作品は、葛飾北斎の『富嶽三十六景神奈川沖浪裏』である」と言っていました。

 

以前、テレビ番組であの波の形はカメラで捉えたかのようにリアルだと、実際に波を起こしてそれをカメラで撮影し検証していました。

 

『神奈川沖浪裏』が制作されたのは、まだカメラが発明される前です。動くものを止めて見るなんてことはできません。

なのに北斎は、どうしてそれほど克明に描くことができたのか、彼の観察眼にただただ驚くばかりです。

 

↑は滝の写真ですが、この滝を見たとき、ふとこの『神奈川沖浪裏』が頭をよぎったので、北斎へのオマージュのつもりで、シャッタースピードを上げて水しぶきを止めてみました。

 

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
揺らぎ

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

日が沈もうとしているとき、風が吹いて、水面が揺らいだ。

color photo comments(0) trackbacks(0)
夜が近づいてくる

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

日が暮れて、夜が近づいてくる。

ここは海岸の入り口から何キロも離れているから、足元が見えるうちに急いで引き上げる。

 

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/45 | >>