Coju Hemmi Photography
道東の旅2017夏

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

夏の道東を7泊8日で旅してきました。

前半は根室を拠点に周辺を撮影し、後半は野付半島から知床を経由して、オホーツクの海岸線を。

この時期の道東はとにかく涼しいのが素晴らしいのですが、天気が悪く晴れることが少ないので、撮影にどう影響するか不安なところです。

 

事実、8日間で晴れ間が出たのはほんの一瞬。ほぼ曇りで、朝焼けも夕焼けも見れず。

しかし曇りは一概に僕の作風としてマイナスではなく、むしろ望む天気でもあるのです。

ただ雲に表情がなくノッペリした感じだと最悪。

残念ながら今回は、そういう空ばかりだったので、なかなか厳しいコンディションでした。

 

でも、ところどころ曇りや濃霧を活かした写真が撮れたので、振り返ってみると思い描いた写真も、それなりにあるのかなとも思います。

さあ今から、撮ってきた写真を見返して、作品に仕上げていきたいと思います。

 

↑の写真は厚岸と霧多布の間にある、泪岬。

手前の岩が、涙を流す女性の横顔に見えるとのことで、この名前が付いたそう。

この辺りの海岸はヨーロッパ、特にスコットランドなどを思わせる風景だと思います。

 

travel comments(0) trackbacks(0)
冷涼な場所へ

FUJIFILM X-T1 10-24mm

 

明日から道東へ撮影に行ってきます。

この時期の道東は、とにかく涼しいのがいいです。

セーターとか、ブルゾンとか、そういうのが必要な感じ。

夏にストーブつけたこともありました。

 

それと、天気が悪いんです(笑)

↑の写真は2年前に撮影したもの。

僕の好きな、こんなグレイッシュな風景に、今年も出会えるかな。

楽しみです。

 

 

diary comments(0) trackbacks(0)
カンナ

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

鮮やかな葉に、目を奪われた。

大胆かつ繊細な、自然のアート。

color photo comments(0) trackbacks(0)
紫陽花

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

札幌では今、紫陽花が見頃を迎えています。

こちらでは、紫陽花は夏に咲く花。

淡い色合いが魅力的なので、しっとりとした光や雨によって、良さが引き立つのかもしれません。

diary comments(0) trackbacks(0)
あの季節はどこに?

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

連日暑い日が続いていますね。

札幌も、10日間連続真夏日なんだとか。

本当は、この時期はものすごく爽やかで、北海道はベストシーズンのハズなのですが・・・

あの素晴らしい季節はどこに行ってしまったのでしょう。温暖化の影響なのでしょうか。

 

暑いので、せめて写真だけでも爽やかに。

湖畔の散策路に差し込む木漏れ日。風に揺れる葉っぱの音。思わず深呼吸したくなるような澄んだ空気。岩尾内湖にて。

diary comments(0) trackbacks(0)
雨粒

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

雨の森。雨粒が池に落ちて、様々な波紋を作り出していた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
浮草

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

お気に入りの宿に泊まりに来た帰りの朝、雨が降っていた。

カーナビではこの宿が道の終点のはずなんだけど、道はまだ先の森に向かって延びている。

「この先、どうなっているのだろう?」と興味がわいたので、行ってみることにした。

 

すると間もなく、森へは散策路が整備されていることがわかった。

ガイドブックでもネットでも見たことのない、散策路。

雨に濡れた森も良さそうなので、歩いてみることに。

 

散策路は木道になっていて、そこを歩いて行くと、池が現れた。

池の真ん中には小島があり、その周囲は一面、浮草で覆われていた。

見たことのない、緑の世界。思わず目を奪われた。

 

今まで、こんな景色の直前で引き返していたなんて、なんともったいないことをしていたことか。

やっぱり、旅も人生も「あと一歩」先に行ってみなければダメだなと、浮草を見て改めて痛感した。

 

travel comments(0) trackbacks(0)
天気の行方

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

ここのところ、先週を除いて週末はずっと雨。

この週末も雨が降った。一週間前の予報は晴れだったのに。

北海道の天気は、本当に変わりやすい。

でも、だからこそ、いろんな風景にも出会えるというものだ。

diary comments(0) trackbacks(0)
直線と、光と影

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

建築の妙味は、単に建物だけではなく、そこに存在する光と影によって完成を見ることにあるというのが、この建物の名前からしても理解できる。

モエレ沼公園のガラスのピラミッド「HIDAMARI」にて。

color photo comments(0) trackbacks(0)
札幌でフォトセッション

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

埼玉から来てくれた写真仲間と、札幌でフォトセッションしました。

セッション場所は僕の大好きな、モエレ沼公園。

ここのところ札幌は毎週末雨だったので、嬉しい久々の快晴でほっと一安心。

ところがピーカンになって、写真を撮るには最悪のコンディション。

おまけに、モエレ沼公園ではイベントが開催されていて、今まで見たこともない大勢の人、人、人。

いつもは静かな公園なのに、今日に限ってこんなことになってるなんて、ついてないなあ。

でも、こんなときは、どうしたら絵になるように撮れるか頭を働かせながら撮るのも、また良しですね。

相手がどんな写真を撮ったのかも、興味あります。

 

あっという間に時間は過ぎて、とっても充実したひとときでした。

撮影以外でも、北海道ならではのお寿司やスイーツも食べてもらえたので、良い思い出にしてもらえたら嬉しいな。

diary comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/102 | >>