Coju Hemmi Photography
樹液酵母

FUJIFILM X-T3 16-80mm

 

森を歩いていると、木に鮮烈なオレンジ色の何かが付着しているのが目に入った。

よく見ると、樹液がしたたり落ちている。ところどころ血管のようになっていたり、白く泡を吹いたようになっているところもある。

とても自然とは思えない鮮やかな色が印象に残ったが、それが何なのかはわからなかった。

 

家に帰って調べてみると、これは「樹液酵母」なるものらしい、ということがわかった。

樹液酵母とは「樹木の切り株や樹幹の傷などから流れ出た樹液に天然の酵母が繁殖して発酵。そこにフザリウム属の赤カビが付着して繁殖しコロニーを形成したもの」とある。

 

こんなものが自然にできるなんて、エイリアンの仕業かと思うような見た目の気味の悪さを通り越して、ものすごく惹かれた。

diary comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>