Coju Hemmi Photography
オンシーズン

FUJIFILM X-T2 14mm

 

毎年1〜2月は撮影で忙しい。

何故なら自分にとって、厳寒期の北海道こそが最も美しい季節と思えるから。

逆に観光客に人気のある夏の北海道は、僕にとってはオフシーズンと言ってもいい。

 

この冬は、異常なまでの少雪によって、例年とは被写体が違っているように思う。

雪が積もると立ち入れなくなる場所や、雪原状態になっていない氷上などで撮影ができている。

 

この最果ての地では、丸一日撮影していても、他のカメラマンに会うことは、まずない。

常に一人で孤独の風景と対峙している。撮影に集中できる至福の時だ。

 

少雪に起因する新鮮な被写体にじっくり向き合えるおかげで、普段は撮影枚数が決して多いとは思わない自分でも、相当な枚数を撮影している。

撮影したカットを自宅で確認するだけでも膨大な時間をとられる。

現像できないまま、どんどん写真がたまっていく。

効率良く画像を整理するコツを、身に付けたいものだ。

 

 

diary comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>