Coju Hemmi Photography
白い鹿の角

Coju Hemmi Photography のトップ写真を更新しました。

ラムサール条約登録湿地の春国岱。

根室湾と風連湖の間に横たわる、手つかずの自然が残る砂洲です。

その長さが8kmにおよぶため、先端まではなかなか行くことができませんが、風連湖・温根沼クルーズを利用して、海からのアプローチで上陸。

そこには独特の景観がありました。

辺りを歩いていると、白い鹿の角が。

恐らく、取れて落ちた角が、時間の経過とともに白骨化したのでしょう。

どのくらいのときの流れでこうなったのかと思いを馳せる一方で、日々刻々と変化している砂洲の自然環境に複雑な思いがしました。

 

こちらからどうぞ。
http://coju.info  

art comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://atelier.coju.info/trackback/1575224
<< NEW | TOP | OLD>>