Coju Hemmi Photography
北斎のすごさ

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

現代美術作家の村上隆氏は、「世界で最も有名な日本の美術作品は、葛飾北斎の『富嶽三十六景神奈川沖浪裏』である」と言っていました。

 

以前、テレビ番組であの波の形はカメラで捉えたかのようにリアルだと、実際に波を起こしてそれをカメラで撮影し検証していました。

 

『神奈川沖浪裏』が制作されたのは、まだカメラが発明される前です。動くものを止めて見るなんてことはできません。

なのに北斎は、どうしてそれほど克明に描くことができたのか、彼の観察眼にただただ驚くばかりです。

 

↑は滝の写真ですが、この滝を見たとき、ふとこの『神奈川沖浪裏』が頭をよぎったので、北斎へのオマージュのつもりで、シャッタースピードを上げて水しぶきを止めてみました。

 

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://atelier.coju.info/trackback/1575211
<< NEW | TOP | OLD>>