Coju Hemmi Photography
流氷&バードウォッチングクルーズ

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

世界自然遺産の知床・羅臼で流氷&バードウォッチングクルーズを体験してきました。

この時期の人気アクティビティ。みんなのお目当ては、流氷の上にいる天然記念物のオオワシ、オジロワシを撮影すること。

流氷の上にいるオオワシ、オジロワシを見ることができるのは、世界中で羅臼だけなんだそう。

港は乗船客で溢れ、熱気が漂っていました。バズーカ持ったカメラマンが大勢います。

 

船は出航すると、流氷のある場所に向かいます。

流氷があまり接近し過ぎているとほとんど港から出られないし、離れているとたどり着けないらしく、運を味方につける必要がありそう。

でもこの日は、適当な沖合で流氷にたどり着けました。

 

船は流氷に横付けすると、魚を巻いてオジロワシをおびき寄せます。

オオワシは警戒心が強くて寄ってこないんだとか。

魚を巻くと、なによりカラスがやってきますが、それを蹴散らすようにオジロワシが現れて、そのバトルも見応えあります。

でも個人的には、好奇心旺盛な?カモメが船の周りにいっぱいやってくるのがいいなあ。

 

カモメって、見た目が可愛いですよね。みんな同じ方を向いてるし。色も白くて海に映えます。

飛ぶ姿も、あまり羽ばたかなくて、優雅な感じがいいです。

写真手前に写っている茶色っぽいのは幼鳥。数年かけて白い成鳥になります。

 

よく見ると、遠くの流氷の上に、オオワシが佇んでいました。

 

 

travel comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://atelier.coju.info/trackback/1575195
<< NEW | TOP | OLD>>