Coju Hemmi Photography
鉄道風景写真

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

あけましておめでとうございます。

新しい年号になる今年、みなさまにとって素敵な年になることをお祈りいたします。

 

さて、元旦も日の出前から撮影し、今年最初の日の入りも撮影しようと思って、大好きな海岸にやってきました。

すると、これまで荒れた天気だったせいか、砂浜に魅力的な水たまりを発見!

これを撮影していると、ふと崖の上に三脚が立っているのに気づきました。

そう、ここは日本屈指の鉄道絶景として知られる撮影ポイント。

あの人たちは夕陽が列車に反射する光景を撮りたいのかなあと思って、スマホで時刻表を調べると、間もなく列車がくるタイミングじゃありませんか。

僕も写真の入り口は子供のころ好きだった鉄道写真なので、これは一丁、撮ってみようと(笑)

 

鉄道の人は崖の上からだけど、僕はファイン・アートの人なので?、崖の下から。

愛用のカメラながら今まで一度も使ったことのない連写モードにして、列車がブレないようにISO感度を上げて!

右手にケーブル・レリーズ、左手に遮光用の傘を持っての撮影となりました。

 

で、結果はこれ。

車両の下の方が隠れてしまったので、鉄道写真としてはダメかな。なので鉄道風景写真ってことで。

でも、なんか興奮して撮ってました。鉄道って動くものだけど、来るタイミングが読めて、同じところを通るっていうのが気分が盛り上がる理由なのかも。

ただ、崖の上の人たちは、次の列車も狙っているようでした。次は約一時間後、とっくに日は暮れてかなり寒いです。

一枚の写真を撮るために、何時間も待つ忍耐力も鉄道写真に求められる大事な要素なんですね。

 

ということで?今年もこの素晴らしい最果ての地で、自分らしい写真を撮影していこうと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

diary comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://atelier.coju.info/trackback/1575177
<< NEW | TOP | OLD>>