Coju Hemmi Photography
写真展終了しました

 

写真展「Photographic Art Asia 2018」が終了しました。

Photographic Art Asia(PAA) は、日本のデジタル・モノクロームの第一人者である春日広隆さんが主宰するファインアートを志す写真家集団で、今回はそのうち11人の写真家が出展しました。

 

展示に関しては、グループ展というより11人の個展という趣で、全く打ち合わせしていないにも関わらず、共通する美意識によって、一本筋の通ったとても上質な展示であったと思います。

それを裏付けるのは、来場者の滞在時間の長さ。

通常の写真展ではありえないほど、みなさんが熱心に作品を鑑賞する姿が印象的でした。

また、アーティストトークを行ったことで、写真の展示だけでは伝わりにくいことを言葉で補えたので、作品に対する理解がより深まったのではないかと思います。

 

僕は今回「Quiet Delight: Hokkaido」というタイトルで、北海道に移住してからの3年間で撮影した、集大成的な作品を発表しました。

この3年、PAA展では出展のみで在廊できませんでしたが、今回は上京して在廊し、ダイレクトに来場者の反応を知ることができましたし、他の作家と並べて展示されることによる、自分の足りない部分も把握できたことが、一番の収穫となりました。

 

そして何より、大勢の方に作品をご覧いただけたことが嬉しかったです。

本当にありがとうございました。

 

今回の展示で得られたことを糧に、新たな作品づくりに活かしていきたいと思います。

 

↑の写真は、今回展示はできなかったものの、ポートフォリオとして用意した作品の一点。

どこまでも続く道が、旅と人生を象徴するように感じて撮影しました。

art comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://atelier.coju.info/trackback/1575091
<< NEW | TOP | OLD>>