Coju Hemmi Photography
道東の旅2017夏

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

夏の道東を7泊8日で旅してきました。

前半は根室を拠点に周辺を撮影し、後半は野付半島から知床を経由して、オホーツクの海岸線を。

この時期の道東はとにかく涼しいのが素晴らしいのですが、天気が悪く晴れることが少ないので、撮影にどう影響するか不安なところです。

 

事実、8日間で晴れ間が出たのはほんの一瞬。ほぼ曇りで、朝焼けも夕焼けも見れず。

しかし曇りは一概に僕の作風としてマイナスではなく、むしろ望む天気でもあるのです。

ただ雲に表情がなくノッペリした感じだと最悪。

残念ながら今回は、そういう空ばかりだったので、なかなか厳しいコンディションでした。

 

でも、ところどころ曇りや濃霧を活かした写真が撮れたので、振り返ってみると思い描いた写真も、それなりにあるのかなとも思います。

さあ今から、撮ってきた写真を見返して、作品に仕上げていきたいと思います。

 

↑の写真は厚岸と霧多布の間にある、泪岬。

手前の岩が、涙を流す女性の横顔に見えるとのことで、この名前が付いたそう。

この辺りの海岸はヨーロッパ、特にスコットランドなどを思わせる風景だと思います。

 

travel comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://atelier.coju.info/trackback/1575036
<< NEW | TOP | OLD>>