Coju Hemmi Photography
ひさびさの「ジャケ買い」
Now Is the Time
Now Is the Time
Jeff Lorber Fusion

それにしてもこのジャケット写真、カッコいいでしょ?
「やられた!」っていう感じ。
アマゾンでこの「ジャケ写」見て、即クリック(笑)

ひさびさに「ジャケ買い」しちゃいました。「ジャケ買い」なんて何年ぶりだろ?
えっ「ジャケ買い」って何のことって?
「ジャケ買い」っていうのは、ジャケットが気に入って、中味関係なしに買うこと。ジャケットの裏(裏ジャケ)を見て、誰が演奏しているかによって買うのは「クレジット買い」。

昔はたまに「ジャケ買い」してた。
福袋を買うようなワクワク感が結構好きだった。
ハズレも多かったけど(苦笑)。

最初に「ジャケ買い」したのは、1980年にリリースされたグローバー・ワシントンJrの「Winelight」。
今見ると笑っちゃうくらいダサダサのジャケットだけど、中学生だった当時の僕にとっては、お洒落に見えた。
しかも針を落とすと(このころはレコードの時代)、いきなりマーカス・ミラーのかっちょいいベースが。ドラムのスティーヴ・ガッドとパーカッションのラルフ・マクドナルドの組み合わせも渋かった。

ジャケットといえば、長岡秀星氏デザインの、一連のアース・ウインド・アンド・ファイアの作品や、鈴木英人氏デザインの山下達郎『For You』なんかも好きなジャケットだったなあ。

さて本題。このアルバムは『Jeff Lorber Fusion』。
ジェフ・ローバー。この人のアルバム買うの久しぶりだなあ。
内容はリラックスしたスムース・ジャズ。
フォープレイなんかと路線が近い感じ。
ジェフ・ローバーって、僕は意外と80年代の「歌もの」が好きだった(キャリン・ホワイトなどが参加していた)。
このアルバムでもインストより歌ものの方がいいかな。
全体的に肩の力の抜けた雰囲気の良い曲が多くてBGMにいいみたいです。

ところで自分も将来は、作品をアーティストに提供したいなあ。
パット・メセニーのアルバムに、僕の作品が採用されないかなあ(笑)
レコード会社さん、よろしくお願いします。
たまには音楽でも comments(2) trackbacks(0)
Comment








好きなアーティストのライブに行って、
直接作品を何枚か渡してみるとか。
将来は、なんて随分先のことのようにおっしゃらず...。
from. Ruine Eldena | 2010/08/22 21:35 |
>Ruine Eldenaさん
「まずは、行動せよ」ってことですよね。
アドバイス感謝です(^^)
from. Coju | 2010/08/23 21:27 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://atelier.coju.info/trackback/1546552
<< NEW | TOP | OLD>>