Coju Hemmi Photography
Glen Cawdor 1951

Canon PowerShot S100 1/30 f:2 -2/3補正 ISO800

最近飲んだ、めっちゃ美味かった一杯。
『Glen Cawdor 1951 32y "Springbank" by Samaroli』

こういう「神がかった」ような素晴らしい味との出会いがあるから、ウイスキーやめられませんね。

さて、個展は広尾のEMON PHOTO GALLERYで11月30日から12月21日まで開催します。
在廊予定など詳細は、また近くなりましたらご案内しますが、12月1日(土)は、ご来場の方に僕の所有するウイスキーを振舞おうと思ってます。

まだどのボトルにするか全ては決めていませんが、
・Glenfarclas 1967 43y for The Spirit of Speyside Whisky Festival 2011
・Ben Riach 1971 BBI Japan and Shinanoya
・Macduff 1973 38y for BAR BARNS
・Aultmore 1974 37y for BAR BARNS
・Tomatin 1976 34y TWA
はお出ししようと思ってます。

ちょうどその翌日、12月2日は「ウイスキー・フェスティバル2012東京」の開催日ですので、併せてお出掛けされてはいかがでしょう?
single malt comments(0) trackbacks(0)
三本のTORMORE

Canon PowerShot S100 1/13 f:2 ISO1600

ウイスキーフェスティバルの個人的な打ち上げを、大阪は曽根崎新地にオープンしたBAR PARKMOREで行いました。
マスターが某氏から買い取ったという70年代、80年代、90年代の三世代TORMOREをテイスティング。
それぞれに個性があって美味しかったです。
そもそもTORMOREは新しい蒸留所なので、安定して美味しいとのこと。
そういえば、蒸留所は美しい建築としても印象深いところですね。
single malt comments(0) trackbacks(0)
ウイスキーフェスティバル終了しました

Canon EOS5D Mark24-105mm 1/250 f:11 -2/3補正 ISO100

ウイスキーフェスティバル、無事終了しました。
お陰さまで、作品は完売しました。
お買い上げいただき、誠にありがとうございました。

聞けば1,500人ぐらいの来場があったとのこと。
こんなに多くの方に写真を見てもらえて嬉しかったです。

また今回、写真集の序文を書いていただいた、日本を代表するウイスキー評論家の山岡秀雄さんには、隣同士のブースで出展してもらったり、いろんな方を紹介してもらったり、写真集にサインしていただいたり、さらには一時店番までしていただいたりと、感謝の言葉もありません。

このイベントを通して、多くの方との出会いがあったことも、自分にとってかけがえのない財産となりました。
準備期間は短く、精神的に追い込まれたときもありましたが、やっぱり行動して良かったです。

みなさん、本当にありがとうございました。
single malt comments(2) trackbacks(0)
大阪で会いましょう!

Canon EOS5D Mark24-105mm 1/200 f:10 -1補正 ISO100

既報の通り、2012年7月15日(日)大阪で開催される『ウイスキーフェスティバル2012 in 大阪』に出展します。

販売するものは
・卓上スタンド入り写真(スコットランドの風景やウイスキー蒸留所) 21点、各1,000円
・オリジナルプリント180mm×180mm(額入り) 1点、18,000円

そして・・・
12月、東京・広尾のEMON PHOTO GALLERYにて開催の個展に向け制作した写真集『Quiet Delight』を、このウイスキーフェスティバルでお披露目します。
まあ、写真集といっても16pのシンプルな小冊子ですが、全編スコットランドの写真で構成されてます。
また序文は、ウイスキー評論家の山岡秀雄さんに書いていただきました。
なので、ぜひこの機会にご覧いただければと思います。

さらにブースでは、スコットランドの写真をスライドショーで上映します。
ぜひこちらもお楽しみ下さい。

因みに↑の写真はスペイサイドにあるベンリアック蒸留所。
この作品も用意しています。

僕は明日から大阪に入る予定ですので、少しブログの更新は途切れます。悪しからず。
ではみなさん、大阪でお会いしましょう!


ウイスキーフェスティバル2012 in 大阪

日時: 2012年7月15日(日) 11:00〜18:00
会場: OMM(大阪マーチャンダイズマート) 展示ホールA
〒 540-0008  大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 電話:06-6943-2020
京阪電車「天満橋」駅東口、地下鉄谷町線「天満橋」駅北改札口からOMM地下2階に連絡
入場料: 前売券 3,000円 当日券 4,000円


<ウイスキーフェスティバルについて>

ウイスキーフェスティバルはスコッチ文化研究所主催の一大ウイスキーイベントです。
2007年に始まり、2012年で第6回目となります。ウイスキーフェスティバルでは、メーカー、インポーター、酒屋などの出展ブースにて、ウイスキーが有料・無料試飲できるほか、ウイスキーを使ったカクテル、地ビール、リキュール、シガー、フードなどもお楽しみいただけます。
本イベントは、20歳以上の方ならどなたでもご参加いただけます。バーテンダー、飲食業関係者はもちろん、ウイスキー愛好家の方にも存分に楽しんでいただける内容となっております。
普段ウイスキーをあまり飲まない方も、いろいろ飲み比べるチャンスです。

single malt comments(7) trackbacks(0)
北ハイランドの風景

Canon EOS5D Mark24-105mm 1/250 f:5.6 -1補正 ISO100

木のない山間を走る。
思いを馳せていた北ハイランドの風景とは、こんな感じ。

この写真も『ウイスキーフェスティバル2012 in 大阪』に出展します。
single malt comments(0) trackbacks(0)
準備万端!

Canon EOS5D Mark24-105mm 1/125 f:11 -2/3補正 ISO100

『ウイスキーフェスティバル2012 in 大阪』まであと一週間。
事実上、この2日間が準備に充てられる最後の日だったので、集中してみっちりやりました。
お陰で、ほぼ準備完了。ふうっ。

あとは当日、たくさんのお客さんに来てもらえるといいな。

↑の写真はスカイ島にある唯一の蒸留所、タリスカー蒸留所。
この写真も用意してます。
single malt comments(0) trackbacks(0)
ウイスキーフェス追加情報


大阪で開催される『ウイスキーフェスティバル2012 in 大阪』会場内のフリーマーケット。
前回ご案内したもの以外に、オリジナルプリントを1点用意することにしました。

↑がその作品。アイラ島、ポートエレンの港付近で撮影したもの。

プリントサイズ:180mm×180mm
限定数なし、ピグメントプリント、作家サイン入り
ブックマット、額装込み
販売価格:18,000円

オープンエディション(限定数なし)の作品サイズですが、会場に持ち込むのはこの1点だけなので、これも早い者勝ちにしようと思います。
お部屋に飾りたいと思われる方には、手頃な大きさかと思います。
ぜひ会場でオリジナルプリントの良さを感じて下さい。
single malt comments(0) trackbacks(0)
『ウイスキーフェスティバル2012 in 大阪』に出展します

Canon EOS5D Mark24-105mm 1/125 f:8 ISO100

来る2012年7月15日(日)大阪で開催される『ウイスキーフェスティバル2012 in 大阪』に出展することになりました。

会場内にフリーマーケットブースがあって、僕はそこで作品を販売します。
ウイスキー蒸留所の写真を中心にスコットランドの風景を若干数。
フリーマーケットですので、今回は特別バージョン。
卓上に飾ってっ楽しめる、ハガキサイズの小ぶりのプリントをペーパースタンドで額装したもの。
それを1作品なんと1,000円で。
全て1点限り。なので早い者勝ち。20作品用意する予定です。
因みに↑の写真はアイラ島、ラガヴーリン蒸留所から見える風景。こちらも用意しています。

蒸留所の写真を見ながらグラスを傾ければ、その一杯がより美味しく感じられること請け合いです。
ぜひこの機会にお求め下さい。

なお、ウイスキーフェスティバルの入場は、チケットが必要になります(前売3,000円、当日4,000円)。
詳しくはこちら↓をご覧下さい。

『ウイスキーフェスティバル2012 in 大阪』
http://whiskyfestival.jp/
single malt comments(0) trackbacks(0)
秘密


このモルト、ゴードン・アンド・マクファイルの『SECRET STILL』シリーズの第一弾。
このシリーズ、蒸留所の名前は一切明かされないのだとか。
ただラベルを見れば、その秘密はすぐにバレてしまうというもの(笑)

1955年蒸留!古い!しかも50年の長熟もの。
お味は・・・ゴム臭が強かったです。
お値段は・・・ひ・み・つ!
single malt comments(0) trackbacks(0)
ベンリアック蒸留所


ベンリアック蒸留所。
僕の最も好きなシングル・モルトのひとつ。
それは、何と言っても神戸のバー、メインモルトさんのマスター後藤さんの影響が大きいです。
1968 for Main Malt やBBI(ベンリアック・バカ一代)をはじめ、いくつもの素晴らしいボトルを今まで飲ませてもらってます。
この蒸留所はロングモーン蒸留所と隣接していて、近くにリンクウッド蒸留所もあります。
少し北に行くと、エルギンの町。
エルギンには有名なウイスキー・ショップでありボトラーズでもあるゴードン・アンド・マクファイル(G&M)があって(G&Mはベンローマックという蒸留所も所有)、ウイスキー好きにはたまりません。
single malt comments(0) trackbacks(0)
| 1/5 | >>