Coju Hemmi Photography
水面下の木2

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

繊細かつしなやかに、それでいて水没してもなお、たくましく生き続ける木々が美しい。

color photo comments(0) trackbacks(0)
水面下の木

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

ダムができて水没した村。

ダムの水位が下がると、水面下に沈んでいた木が、水面に顔を出した。

color photo comments(0) trackbacks(0)
ハンノキ

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

湿地などに自生する、ハンノキ。

道東は湿地が多いので、この木をよく見かけます。

繊細ながらもしなやかに群生している様が、とても美しく感じられます。

color photo comments(0) trackbacks(0)
湿原を行く

FUJIFILM X-T2 10-24mm

 

広大な釧路湿原。ただただ自然の中を歩く。

唯一、人の手によって作られた木道でさえ、風雪にさらされ、自然に溶け込んでいくようだ。

color photo comments(0) trackbacks(0)
カンナ

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

鮮やかな葉に、目を奪われた。

大胆かつ繊細な、自然のアート。

color photo comments(0) trackbacks(0)
雨粒

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

雨の森。雨粒が池に落ちて、様々な波紋を作り出していた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
直線と、光と影

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

建築の妙味は、単に建物だけではなく、そこに存在する光と影によって完成を見ることにあるというのが、この建物の名前からしても理解できる。

モエレ沼公園のガラスのピラミッド「HIDAMARI」にて。

color photo comments(0) trackbacks(0)
日没後の河口

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

夕暮れは、あっという間。

すぐに辺りは暗くなった。

color photo comments(0) trackbacks(0)
雨粒

FUJIFILM X-T2 35mm

 

雨上がりの、すずらん群生地。

すずらんの可憐な花も魅力的だけれど、葉の上の雨粒に強く魅かれた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
引潮

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

日の出と引潮が重なって、辺りが明るくなると、今まで見たことのない風景が海岸に現れた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
| 1/34 | >>