Coju Hemmi Photography
はす葉氷

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

海氷の初期段階、氷の塊が回転しながらぶつかり合って、縁がめくれ上がり、蓮の葉のようになることから、これを「はす葉氷」と呼ぶそう。

小さな漁港に、まだ赤ちゃん状態のはす葉氷が漂っていました。

そして堤防は、打ち付けられた波が凍って、真っ白の筋になっていました。

color photo comments(0) trackbacks(0)
最果ての海、冬の海

FUJIFILM X-T2 10-24mm

 

寒さと風の強さで、海が凍っていく。

ミシミシと、氷の擦れる音が聞こえる。

color photo comments(0) trackbacks(0)
純白の朝

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

強い寒気が入って冷え込んだ朝。気温マイナス23℃。

川霧が発生し、辺りの木々は霧氷で真っ白に。

ファインダーを覗いていると、吐く息で三脚の雲台が凍って、顔にくっつきそうになった。

それでも、この純白の朝を独り占めしている快感が、寒さを感じさせなかった。

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
夜明けのジャンプ台

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

夜明けのジャンプ台。

音のない世界に、凛として佇んでいる姿が印象的だった。

ここから未来のジャンパーが巣立っていくのかもしれない。

color photo comments(0) trackbacks(0)
サンピラー

 

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

マイナス20℃を下回る極寒の朝、誰もいないこの場で、生まれて初めてサンピラーを見た。

霧氷の木々の間に光の柱が現れ、幻のように、すっと消えていった。

color photo comments(0) trackbacks(0)
砂の嵐

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

湖が凍り、その上に粉雪が積もり、風に飛ばされる。

そして現れた模様は、まるでテレビが放映終了した後の、砂の嵐のようだった。

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
吹雪の牧場

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

牧場に吹雪が吹き荒れ、鉄条網で区切られた境界がかろうじてわかるぐらいだった。

color photo comments(0) trackbacks(0)
シュプール

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

雪道についたシュプールのような車の轍の上に、木の影が幾重にも伸びて、とても美しいコントラストを描いていた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
湖に映る空

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

風が収まった束の間、湖に空が映し出された。

color photo comments(0) trackbacks(0)
柔らかい夕陽

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

雲もありつつ、夕陽が辺りを照らした。

とても柔らかい光だった。

color photo comments(0) trackbacks(0)
| 1/42 | >>