Coju Hemmi Photography
たどり着けない神社

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

深い雪に覆われ、どこに道があるのかすらわからない。

春になるまでたどり着くことができないであろう、丘の上の神社。

color photo comments(0) trackbacks(0)
電柱アート

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

昔、ある著名な風景写真家の方が「風景写真とは、電線との闘いである」というようなコメントをしていたのを何かで読んだことがある。

ヨーロッパなどと違って、電線が地中埋設されていない日本は、良い風景がことごとく電線や電柱で荒らされている。

撮影地で、畑などの敷地に入るマナー違反が問題になっているけど、一歩前に出ないと、電線が写ってしまうというのもあるのかもしれない。

 

寒気が入って、キーンとするような空気感漂う晴れた朝、丘を車で走っていると、一面の雪原に立つ電柱が目に留まった。

雪の白と、空の水色で立体感のない風景の中に立つ電柱が、シュールでもあり、オブジェのようでもあり、普段なら避けたいこの被写体を、大胆に取り入れる気になった。

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
雪原の木

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

前日の降雪と朝の冷え込みで白さ際立つ雪原に、ぽつんと立つ木。

雪のない季節はどんな佇まいなのだろうかと、想像を掻き立てられた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
木と雪と、灰色の空2

 

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

恐らく夜のうちに雪が降ったのだろう。

丘は純白のパウダースノーで覆われていた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
木と雪と、灰色の空

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

木と雪と、灰色の空。それだけ。

気象条件によって、単純化された風景。

まるでスタジオでジオラマを撮影しているかのよう。

color photo comments(0) trackbacks(0)
海沿いの歩道

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

海から吹き付ける風のせいか、意外と雪は積もっていないが、風が強くて先に進めない。

color photo comments(0) trackbacks(0)
凍りかけの湖

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

凍りかけの湖。湖面のコントラストが、あまりにも美しい。

color photo comments(0) trackbacks(0)
雪降る中に

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

雪降る中に、一頭の鹿。

color photo comments(0) trackbacks(0)
太陽の光

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

岩の頂点に、太陽の光が現れて、とても印象深い風景になった。

しかし信じられないことに、この後すぐに吹雪に変わった。

color photo comments(0) trackbacks(0)
何台かは今日ここを通った

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

ほとんど通らないけど、何台かは今日ここを通った。

根雪になっていない、今だから見える軌跡。

color photo comments(0) trackbacks(0)
| 1/36 | >>