Coju Hemmi Photography
初雪


FUJIFILM X-T1 18-55mm  1/140 f:5.6 ISO200

今季二度目の大雪高原温泉、今年の営業最終日に行ってきました。
そして今シーズンの初雪を体験。
年に4カ月しかやっていないこの温泉。営業再開は来年の6月です。

b & w photo comments(0) trackbacks(0)
いつかきた場所


FUJIFILM X-T1 18-55mm  1/400 f:7.1 ISO200

ここは以前、撮影で訪れた場所。
サンゴ草で有名なここ能取湖ですが、見頃にはまだ早いせいか、ほとんど来る人はいませんでした。

b & w photo comments(0) trackbacks(0)
どっしりとした道と流れる雲


FUJIFILM X-T1 18-55mm  25sec. f:16 ISO200

誰も通らない道の向こうには、流れる雲。
カラーだとバランスが崩れるので、モノクロで再現してみました。

b & w photo comments(0) trackbacks(0)
丘の上に立つ一本の木


FUJIFILM X-T1 18-55mm  1/120 f:22 ISO200

丘の上に立つ一本の木。
現像のとき、背景の雲のトーンをどうするかさんざん迷った結果、あまり調子を残さず思い切って単純化してみました。
するとなんだか日の丸とか花札を連想するような仕上がりで、トスカーナというより日本的な風景に感じました。

b & w photo comments(0) trackbacks(0)
雪のハイウェイ


今日の関東地方はものすごい雪でしたね。
だからという訳ではありませんが Coju Hemmi Photography のトップ写真更新です。
雪のハイウェイ、重い雲。
雲の切れ間から覗く夕日がアクセントとなって美しい光景を作り上げました。

こちらからどうぞ。
http://coju.info 
b & w photo comments(0) trackbacks(0)
Timeless



新作『Timeless』をHPにアップしました。
どうぞご覧下さい。

COJU HEMMI PHOTOGRAPHY

■Artist Statement■

「TIMELESS」は、時間と空間を圧縮した車窓の風景です。

人生はよく旅に例えられますが、人生のゴールがゴールではないように、旅のゴールもまたゴールではなく、延々と続くプロセス。ゴールにたどり着いたと思うと、ゴールは別のところにあって、そこが単なる通過点であることがわかります。

私はこのシリーズを通して、時間と空間、そしてそこに発生するプロセスや距離をギュッと圧縮して表現しようと試みました。それはあたかもSF映画に出てくる「ワープ」やマンガに出てくる「どこでもドア」であるかのようです。

現代社会は「ドッグ・イヤー」と呼ばれるように、めまぐるしいスピードで過ぎていきます。また溢れんばかりの情報に押し潰されてしまいそうです。
しかも正解は白黒ハッキリしておらず、永遠のグレーの中を進むかのごとく不確かなものです。

私はそんな世の中の気分を、写真のグレー・スケールの中に閉じ込めました。
一方で、その中から現れる力強い疾走感は、どんな状況であろうとも「時空を超えて」颯爽と駆け抜けようという思いでもあるのです。

Coju Hemmi



 In "Timeless", I present scenery from a car window where time and space is compressed.

Life is often compared to a journey. As life has no final destination, there is no final destination for a journey either. The process goes on and on infinitely. We think we have reached a destination only to find it is a pass point and a destination is somewhere else.

Through this series, I tried to compress not only time and space but also the process and distance which emerged along the way. The resulting images look like "warp" from a science fiction movie, or "Teleportation Door" from a comic book.

The modern society is called "a dog year" and it passes with enormous speed. We are almost drawn in a sea of information. Besides, no one seems to know what is right or wrong. We feel as if we were advancing in a permanent gray zone.

I express such atmosphere in the gray scale of my photographs. On the other hand, the intensity running though the imagery derives from a determination to live through beyond time and space under any circumstances.

Coju Hemmi
 

 

b & w photo comments(0) trackbacks(0)
駆け抜けろ!


スピードにのって、一気に駆け抜けろ!
そこに見たこともない世界が、広がっているのだから。 
b & w photo comments(2) trackbacks(0)
見えない出口


この写真。今の心境に近いかな。
いろんなことがあって、まるで出口の見えないトンネルにいるみたい。 
b & w photo comments(0) trackbacks(0)
小さな秋みつけた

Canon PowerShot S100 1/100 f:5 ISO250

小さな秋といっても、カラーじゃありませんが・・・
池に写る秋の雲と落ち葉。
b & w photo comments(0) trackbacks(0)
三艘の小舟

Canon PowerShot S100 1/100 f:5.6 ISO80

静かに停泊する三艘の小舟。
色のない風景。
b & w photo comments(0) trackbacks(0)
| 1/11 | >>