Coju Hemmi Photography
夜が近づいてくる

FUJIFILM X-T3 16-80mm

 

仕事帰りは毎日のように港へ立ち寄るのですが、日暮れが早くなって日没には間に合わなくなりました。

辺りはすっかり暗くなって夜が近づいてきます。

シャッタースピード1/2秒。こんな明るさでも手持ちで撮影できるなんて、今のカメラってすごいですね。

 

diary comments(0) -
夕暮れに揺らぐ波

FUJIFILM X-T3 16-80mm

 

夕暮れ時、静かに揺らぐ波の上に、カモメが気持ち良さそうに浮かんでいた。

color photo comments(0) -
差し込む光

FUJIFILM X-T3 16-80mm

 

雲の隙間から強い夕日が差し込んで、湖面が鏡のように光った。

color photo comments(0) -
開陽台牧場

FUJIFILM X-T2 100-400mm + 1.4X TC

 

中標津町には開陽台という、ライダーの聖地とも言われる人気の観光スポットがあって、そこからのパノラミックな景観が素晴らしいのですが、開陽台の西側に見える町営の開陽台牧場は、広大な敷地とかなり急な斜面がとてもダイナミックです。

なんでも東京ドーム約100個分の草地に約1,000頭の乳牛を放牧しているのだそう。

開陽台に行くとみなさん南側に広がるパノラマや東に見える国後島なんかを眺めると思うのですが、ぜひ西側にも注目してくださいね。

travel comments(0) -
ろうそく

FUJIFILM X-T3 16-80mm

 

沈む夕日と灯台が重なって、ろうそくのように見えた。

color photo comments(0) -
ボート

FUJIFILM X-T3 16-80mm

 

夜明け前の湖。桟橋のボートが暗闇から少しずつその姿を現した。

color photo comments(0) -
部屋の窓から

FUJIFILM X-T3 16-80mm

 

十勝を旅してきました。ちょこっとだけの夏休み。

ここ、然別湖の湖畔にある唯一の宿は源泉かけ流しの温泉もさることながら、レイクビューが素晴らしい。

こんなドラマチックな夜明けを、部屋の窓越しに見られるなんて最高です。

また近くには、観察するのが難しいエゾナキウサギの生息するポイントがあって、ついにその姿を捉えることもできました。

travel comments(0) -
秋の気配

FUJIFILM X-T3 16-80mm

 

根室の短い夏が終わり、日に日に秋の気配を感じ取るようになる。

あの美しい夕暮れの季節の到来だ。

color photo comments(0) -
べた凪

FUJIFILM X-T3 16-80mm

 

帰り道、港に寄ると、わずかな間でしたが無風でべた凪に。

海面が美しいグラデーションに彩られ、息をのむほどでした。

夢中になって撮影しているといつの間にか、のんびり釣りをしていた人たちがいなくなっていました。

 

それにしてもここのところ急に日が短くなってきました。

どんどん季節が変っていくんですね。

diary comments(0) -
HP更新しました

 

トップベージ以外ほとんど更新していなかったHP『Coju Hemmi Photography』。

近作が全くアップされていないことに気づき「これはマズイ」と思って、ようやく重い腰を上げました。

活動に参加させていただいている Photographic Art Asia で紹介されているIsolated Landscapesのシリーズに何点か加えてHPのPortfolios にアップしています。

根室周辺で撮影した最果ての風景です。

 

こちらからどうぞ。

http://coju.info/portfolios.html

art comments(0) -
| 1/132 | >>