Coju Hemmi Photography
じっとしている

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

白鳥は、うずくまってじっとしていることが多い。

それはあたかもオブジェのよう。

風が吹き、水面がざわめき、雲が流れても、その姿をとどめていた。

 

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
白い幹

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

葉が落ちて、白い幹が幾筋もの線となって、湖面に映し出された。

color photo comments(0) trackbacks(0)
曇りの朝

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

曇りの朝。

印象的な、流れる雲に導かれるように、この海岸に初めてたどり着いた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
夕闇が迫るころ

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

日が落ちて夕闇が迫るころ、辺りは真っ赤に染まった。

color photo comments(0) trackbacks(0)
帰り道

 

 

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

東京から遊びに来てくれた友人を中標津空港に送って、それから買い物したり温泉に行ったりした帰り道。

ちょうど夕暮れ時に根室に戻ってくると、息をのむような夕景に遭遇した。

思わず車を止め、夢中でシャッターを切った。

diary comments(0) trackbacks(0)
朝靄の湖

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

秋深まる朝方の冷え込みで、湖面は靄に包まれた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
白鳥の湖

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

いよいよ白鳥が飛来する季節を迎えました。

ここ風連湖周辺には、既に1,200羽以上が渡ってきているんだとか。

白鳥以外にも、カモ類なんかも大勢いて、湖の鳥密度はかなり濃いです。

diary comments(0) trackbacks(0)
パイロットフォレストの望楼

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

パイロットフォレストとは、釧路市の北東約50km、標茶町と厚岸町にまたがる約1万ヘクタールのカラマツの造成地のこと。

植林から60年以上経つ、この広大な森の真ん中に望楼(展望台)があります。

もともと山火事の監視などのために作られた望楼は、今で4代目。

これが年に1度だけ一般公開されるということを新聞記事で見つけ、行ってきました。

 

林道を奥へ奥へと進み、たどり着くこの望楼。

林野庁の職員さんに案内され高さ24m、100段以上の階段を登ると、そこには360度見渡す限り紅葉したカラマツの森が広がっていました。

職員さん曰く「今年で一般公開は4年目になるが、今日が今までで一番きれい」とのこと。

確かに、公開日と紅葉のピークと天候がピタッと合わなければ、この景色は見ることができないわけで、初めてきて来てこれが見られるなんて、ものすごくラッキーなんだと思いました。

 

結構な数の見学者がいるのでは?という予想に反して、ほとんど訪れる人がいなかったので、かなり長い時間、自由に撮影させてもらうことができて大満足でした。

 

 

 

travel comments(0) trackbacks(0)
落ち葉の絨毯

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

落ち葉がふかふかの絨毯のように、辺り一面に敷き詰められていた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
朝靄の中で

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

早朝、辺りが明るくなってくると、朝靄の中でしっとりと、しかし色鮮やかに紅葉が姿を現した。

color photo comments(0) trackbacks(0)
| 1/113 | >>