Coju Hemmi Photography
砂浜との境に刺さる角

FUJUFILM X-T1 16-55mm

 

このすぐ先に、砂浜があり、海が広がっている。

ちょっとした高さの違いなのに、この位置からは何も見えない。

この「あちら側」と「こちら側」の境に刺さっていた木が、ユニコーンの角のように見えた。

「目印を頼りにここまで来たのに、その先に何があるのかわからない」

遠くから見えていた角と、ここからは見えない海に、ここまで歩いてきた人生の道のりと、先の見えない未来を連想した。

その先に何があるのかは、ここから一歩踏み出すことによってのみ、わかる。

そして、そこからまた新しい旅がはじまる。

color photo comments(0) trackbacks(0)
ラベンダーの咲くころ

FUJUFILM X-T1 18-55mm

 

北海道の夏の見どころのひとつにラベンダーがあります。

有名なのは富良野ですが、道内のいろいろなところで咲いていて、札幌でも楽しむことができます。

diary comments(0) trackbacks(0)
人気ない海

FUJUFILM X-T1 16-55mm

 

潮の満ちた、小雨混じりの海。

雨の海は人気(にんき)がないから、人気(ひとけ)がないのか。

でもこんな天候だからこそ、この静かな風景を独り占めできるというものだ。

color photo comments(0) trackbacks(0)
曖昧な海

FUJUFILM X-T1 16-55mm
 

雨と霧に霞む海。水平線さえ、どこかわからなくなる。

color photo comments(0) trackbacks(0)
寄せては返す波

FUJUFILM X-E1 10-24mm
 

雨交じりの海。

北海道の海は、夏でもどこか寂しげな感じがする。

風が強い割には何故か波は穏やかで、控えめに打ち寄せては返していた。

 

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
雨のダム湖

FUJUFILM X-T1 18-55mm

 

雨と霧で、ダム湖の向こうの風景がかすむ。

color photo comments(0) trackbacks(0)
温泉と新緑

FUJUFILM X-T1 18-55mm

 

二週続けて、大好きな温泉に行ってきました。

大雪高原山荘と、トムラウシ温泉。

この二つに共通しているのは、登山口であること、人里離れた山奥の秘湯であること、温泉の満足度が極めて高いこと。

僕の温泉ランキングでは1、2を争う、双璧をなすところです。

今までこの時期には、どちらも訪れたことはなかったのですが、一年で4カ月しか営業しない大雪高原は未だ雪が残っていたし、トムラウシ温泉は、一ヵ月半前に訪れた時には雪が残る春まだ遠い風景だったのに、今は緑生い茂る森になっていました。

この二か所とも極めてアクセスの悪い場所ながら、札幌から一泊で十分行けるのも魅力。

美しい緑を見て、素晴らしい温泉に入ってと、日頃の暮らしの垢を落としてリフレッシュできます。

 

↑の写真は大雪高原山荘からそれほど遠くない、三国峠。

どこまでも続く緑に感動できる場所です。

 

travel comments(0) trackbacks(0)
ダム・フェンス

FUJUFILM X-T1 18-55mm

 

ダム・フェンスは、ダムを流木などの衝撃から守るためのものなんだとか。

ダム湖に鮮やかなオレンジ色が合うかどうかは別にして、弧を描くさまが美しかった。

十勝ダムにて。

color photo comments(0) trackbacks(0)
ベストシーズン

FUJUFILM X-E1 10-24mm

北海道のベストシーズンは?と聞かれると、多くの方はゴールデンウィーク後から7月上旬までと答えるのではないでしょうか。
この時期は季節の変化が激しくて、毎日違う風景に出会えて、新緑が綺麗で、花が一斉に咲き始めて、空気がカラッとしていて爽快で、野菜の直売所が開設されて新鮮な朝採り野菜が出回ってと、本当にワクワクします。
撮影の合間に直売所に寄ると、ピッカピカに輝いた春キャベツや、水の滴るアスパラが売っていたりして、ついつい買いすぎに。
これから夏に向かっていくと、トウキビやメロン、ウニなどが美味しい時期になっていきますしね。
長い冬を乗り越えたからこそ(僕は冬が好きですが)味わえる素晴らしい恵みであることは間違いありません。
travel comments(0) trackbacks(0)
札幌芸術の森

FUJUFILM X-E1 18-55mm

札幌芸術の森には室内の展示だけでなく、広大な野外スペースがあって、そこに数多くのアート作品が展示されています。
僕の好きなダニ・カラバンの、洗練されて、かつ不思議さが漂う作品も展示されていて、とても楽しめます。
art comments(0) trackbacks(0)
| 1/93 | >>