Coju Hemmi Photography
シャーベット状の海

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

海が凍り付く前は、波がシャーベット状になっていきます。

普段の海の色とは全く異なるグレーと、夕日のオレンジの対比。遠くに見える蜃気楼。

厳寒期ならではの美しさです。

color photo comments(0) -
ストップモーション

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

打ち寄せる波が凍って、波形がストップモーションのように海面に定着した。

厳冬期でかつ様々な条件が重ならないと見ることができないこの光景。

果たしてもう一度見ることができるだろうか。

color photo comments(0) -
氷平線ウォーク

FUJIFILM X-T2 10-24mm

 

「氷平線ウォーク」という厳冬期の野付半島で人気のアクティビティを取材しました。

「氷平線」とは、日本最大の砂嘴の内湾が凍って巨大な雪原になることから名付けられた「水平線」ならぬ「氷平線」。

またここは見渡す限りの真っ白な大地となることから「日本のウユニ塩湖」とも呼ばれていて、青い空とのコントラストが美しいです。

この凍った海の上を歩く2時間のツアー。

普段は見ることのできない世界に、寒さや疲れも全く感じませんでした。

travel comments(0) -
ワシのなる木

FUJIFILM X-T2 100-400mm

 

この冬一番の寒波と聞き、この地方で稀に見られる「四角い太陽」狙いで3時半起で出掛けたものの水平線は雲で覆われ、これはダメだと撮影場所を移動しましたが、雪が降ってきて次なるお目当ての場所もNG。

しかたなく帰ろうとして、でも一応立ち寄ったお気に入りの撮影ポイントで、極東にしか生息しない世界中のバーダー憧れの鳥、絶滅危惧種のオオワシがいっぱい止まっている木を発見。

こういうのを「ワシのなる木」ということは聞いてはいたものの、実際に見るのは初めてでした。

諦めずに撮影していれば、何かしら良いこともあるもんですね。

 

 

diary comments(0) -
凍る海

FUJIFILM X-T2 10-24mm

 

寒波がきて、海が凍った。

風が強く、体感温度はかなり低い。とても長時間いることは、できない。

しかし、この美しさは厳寒期ならではのもの。

寒さの限界と闘いながら、シャッターを切った。

diary comments(0) -
採石場

FUJIFILM X-T2 10-24mm

 

採石場に雪が積もって、巨大な山に見えた。

color photo comments(0) -
岩肌の氷柱

FUJIFILM X-T2 10-24mm

 

寒さが厳しくなってくると、岩肌から染み出る水が凍って、氷柱となる。

 

 

color photo comments(0) -
厳寒期の夕暮れ

FUJIFILM X-T2 10-24mm

 

夕暮れ時に、夕陽が沈む方向を当てにして訪れた場所。

今まで何度も訪れていたのに、厳寒期には全く違う風景になっていた。

 

color photo comments(0) -
氷に刺さった枝

FUJIFILM X-T2 10-24mm

 

枝が地面に刺さっているのかと思って撮影していたら、大きな波がきて、辺り一面の地面が割れた。

地面だと思っていたところは、実は全て氷だったのだ。

枝は割れた氷に刺さったまま、この状態を保ちながら沖に流れていった。

color photo comments(0) -
テクスチャ

FUJIFILM X-T2 10-24mm

 

夜明け前、撮影に行こうと家を出るときは、結構な雪が降っていた。

しかし、10分車を走らせ海岸に着くと、雪は止んでいた。

そして、暗闇から全貌が浮かび上がると、岩と雪との何とも言えないテクスチャが目の前に広がっていた。

color photo comments(0) -
| 1/126 | >>