Coju Hemmi Photography
一年でたった2日の夏

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

記録的な猛暑が続くこの夏ですが、ここ根室は暑さとは無縁。

夏らしい日は2日ぐらいだったかな?半袖すら、ほとんど着ませんでした。

今はもうすでに上着ないと寒いです。そりゃそうですよね、気温13℃ぐらいだもん。

同じ日本なのに、同じ北海道なのに! こんなに違うんですね。

さすが最果ての地、根室。

 

↑の写真は7月の終わり、十勝地方で夏らしい日に撮った一枚。

青空と白樺の緑の、とても美しい色彩の中に、ちょうどいい具合に、白い雲が収まってくれました。

 

 

diary comments(2) trackbacks(0)
雪渓

Coju Hemmi Photography のトップ写真を更新しました。
大雪高原から緑岳に向かう登山道の途中、夏なのにまだ残る雪渓。

辺りには満開の花々が、短い夏を謳歌していました。

 

こちらからどうぞ。
http://coju.info  

 

art comments(0) trackbacks(0)
刈り取られた牧草

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

酪農が盛んなこの地域では、今あちこちでこのような光景を見かけます。

背後に海が見えるのは、根室らしいかな。

なんでも、牧草の刈り取りはタイミングが非常に重要らしく、機を逸すると、牛乳の生産量に影響が出るんだとか。

刈り取りは晴れ間が続く時でないと、牧草が乾燥しないのでできないらしいのですが、今年は雨が多くてなかなか牧草を刈り取ることができず、みなやきもきしている旨の報道が、連日のようになされていました。

で、ようやく晴れが続くようになったので、一気に刈り取り。

酪農家のみなさん、本当にお疲れ様です。

diary comments(0) trackbacks(0)
White Horses

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

池のほとりに2頭の白馬が、仲良さそうに草を食べていた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
海霧に霞む太陽

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

海霧が立ち込めて、どこが天と地の境かわからなかった。

霞む太陽が、穏やかに辺りを包んでいた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
みんな、こっち見てる

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

根室では海霧がすごくて、濃霧と霧雨の間みたいな天気を「キリ」ではなく「ジリ」と呼んでいます。

今日はまさにそういう天気で、そんな中、夕暮れ時に鹿の群れに遭遇しました。

みんなこっちをじっと見ていました。

diary comments(0) trackbacks(0)
白い海

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

夕暮れ時、海面が光の具合で白く輝いていた。

海の向こうに、知床連山が見えた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
夕凪

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

雲の合間から薄日が差す夕暮れ。

風の強い根室では、波も荒々しいときが多いのだけれど、今日は珍しく凪いでいた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
新たなお気に入り

FUJIFILM X-T1 18-55mm

 

素晴らしい絶景ポイントを見つけました。

広い空と海。そして誰一人いない草原。

静けさの中、波の音を聞きながら飲むコーヒーは格別。

また新たなお気に入りの場所となりました。

 

travel comments(0) trackbacks(0)
草原の馬

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

花の咲き誇る草原に放牧された馬が、のどかに草を食べていた。

travel comments(0) trackbacks(0)
| 1/110 | >>