Coju Hemmi Photography
スポットライト

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

ほんの一瞬、雲間から差し込んだ光が、スポットライトのように森を照らした。

color photo comments(0) trackbacks(0)
ジッパー

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

アップダウンの続くまっすぐな道のセンターラインが、ジッパーのように見えた。

b & w photo comments(0) trackbacks(0)
黄金色の海藻

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

どうしてこうなるのか理由は知らないが、岩場の海藻が黄金色になっているところがあって、とても印象的だった。

color photo comments(0) trackbacks(0)
夕焼けハンティング

FUJIFILM X-T2 10-24mm

 

夕方、窓の外を見ると雲の感じが良かったので、夕暮れ時のドラマチックな空を狙いに撮影に出掛けた。

6月とは思えない寒さと強風の中、撮影場所に着くと、期待していた夕焼けが現れた。

 

diary comments(0) trackbacks(0)
緑鮮やかな季節

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

ここ根釧台地は、全国有数の酪農地帯。全国の牛乳生産量の約1割を占めます。

ひたすら続く牧草地は、本当にヨーロッパの田舎を走っている気分になります。

今は緑鮮やかな季節。

丘に立つ一本の木。枝いっぱいに付けた葉が、風に揺らいでいました。

これが冬になるとどういう風景になるのか、あれこれ想像するのも楽しみです。

color photo comments(0) trackbacks(0)
エゾイソツツジ

FUJIFILM X-T1 18-55mm

 

何度も訪れている、川湯温泉の硫黄山だけど、この満開の白つつじを見たのは初めて。

なんでも、これは高山植物のエゾイソツツジと言う北海道の固有種なんだそう。

晴天のお日様に照らされて、辺りの新緑と相まって、絶景でした。

travel comments(0) trackbacks(0)
ゼブラ

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

畑に敷き詰められたフィルムが曇り空の反射で浮かび上がり、まるでシマウマの背中のようだった。

color photo comments(0) trackbacks(0)
霞む岸

FUJIFILM X-T1 18-55mm

 

落石のネイチャークルーズに参加しました。

防寒対策をバッチリしたつもりでも、この時期の海上はかなり寒かったですが、幸いクルーズの間は晴れていてユルリ・モユルリ島を間近で見ることができました。

このクルーズは貴重な動物を見ることができる点でも魅力があって、特にラッコが泳いでいるのを見て大興奮!

船の上から岸を見ると、霧の中に風力発電の風車が見えました。

travel comments(0) trackbacks(0)
波のない海

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

野付半島は日本最大の砂嘴。

内海は波がなくて無風の時、鏡のような状態になった。

半島の先に国後島を望んだ。

color photo comments(0) trackbacks(0)
荒涼とした大地

FUJIFILM X-T2 10-24mm

 

最果ての地に広がる、荒涼とした大地。

まるでスコットランドのハイランド地方やオークニー諸島にでも来たかのよう。

この果て感、たまらない。

color photo comments(0) trackbacks(0)
| 1/109 | >>