Coju Hemmi Photography
ものすごい朝焼け

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

朝ふと目が覚めると、部屋のカーテンの隙間が赤っぽくなっているのに気がついた。

もしやと思ってカーテンを開けると、かつてみたことのないような、ものすごい朝焼けが夜明けの空を彩っていた。

こんな日に夜明け前から撮影に行っていなかったことを悔やんだが、後悔しても仕方ないので、なんとかこれを写真に収めようと、慌ててカメラを取り出し、窓を開けてシャッターを切った。

眼下に見えるのは、フォトジェニックとは言えない、ただの住宅街だけど、それがかえってこの空の特異さを引き出したかもしれない。

 

 

diary comments(0) trackbacks(0)
柔らかい夕陽

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

雲もありつつ、夕陽が辺りを照らした。

とても柔らかい光だった。

color photo comments(0) trackbacks(0)
冬の夕陽とナラワラ

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

雪が降って、ナラワラの木々が着雪していた。

それが夕陽で、薄っすらと色を帯びていた。

水面は、まだ凍りかけ。

もう少しすると、雪原に変わるのだろう。

color photo comments(0) trackbacks(0)
お気に入りの時間

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

日が傾き始めるころ、どこからともなく鹿が現れる。

まるでこの素晴らしい夕暮れを見逃さんとしているように。

彼らにとっては、きっとこれが「お気に入りの時間」なのだろう。

color photo comments(0) trackbacks(0)
感動の余韻

FUJIFILM X-T2 55-200mm

 

昨日の、野付半島の夕暮れがあまりにすご過ぎて、その感動の余韻が、一晩経った今でもまだ残っている。

diary comments(0) trackbacks(0)
凍りかけの海

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

野付半島は日本最大の砂嘴。

それが今、まさに凍らんとしていた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
風が止むとき

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

風が止むと、木々や曇り空が、水面に映し出された。

color photo comments(0) trackbacks(0)
蜃気楼

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

蜃気楼は、地面や海面と気温との差が大きいときに見られるのだそう。

このときは内海の向こうの建物が、浮かんで見えた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
じっとしている

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

白鳥は、うずくまってじっとしていることが多い。

それはあたかもオブジェのよう。

風が吹き、水面がざわめき、雲が流れても、その姿をとどめていた。

 

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
白い幹

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

葉が落ちて、白い幹が幾筋もの線となって、湖面に映し出された。

color photo comments(0) trackbacks(0)
| 1/114 | >>