Coju Hemmi Photography
朝靄

FUJUFILM X-T1 16-55mm

 

ダム湖に朝靄が立ち込め、まるで雪原にいるかのよう。

color photo comments(0) trackbacks(0)
青い池

FUJUFILM X-T1 16-55mm

 

美瑛の「青い池」が台風の被害に遭い、立ち入り禁止になっていました。

池は茶色く濁っていたそうです。

しかし先日、立ち入り禁止は解除され、青さも戻りました。

とても美しい場所だけに、元に戻った姿をこの目で確認できて、ほっとしました。

color photo comments(0) trackbacks(0)
移りゆく季節

FUJUFILM X-T1 55-200mm

 

シューパロ湖に再訪しました。

前回は台風の後で水量が多かったのですが、今回はとても穏やかな感じでした。

また早朝は朝靄が出て、とても印象的な風景に。

今朝の気温は9℃。吐く息が白く、今シーズンはじめてジャンパーを羽織っての撮影。

でも日が昇るにつれ、グングン気温は上昇して、撮影終了時には20℃ぐらいになってました。

寒暖の差が激しいので、木々が一気に色付きそうです。

みなさま、体調にお気を付け下さい。

diary comments(0) trackbacks(0)
青空と、雲

FUJUFILM X-E1 10-24mm

 

撮影後の写真をチェックしていたら、このひとコマに目がとまった。

ただ、空を撮った写真。

別に劇的な青空でも、印象的な雲が出ているわけでもない。

でも、何故か気になった。

青と白のバランスなのか、全体的なトーンなのか。

ひとつだけ言えるのは、もう夏の空ではなく、季節が移っているということだ。

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
立ち枯れの木

FUJUFILM X-T1 16-55mm

 

ダム湖の立ち枯れの木。

この下には、ダム建設のために沈んだ村がある。

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
新そばの季節

FUJUFILM X-T1 16-55mm

 

そば好きにはたまらない季節がやってきました。

日本一のそば処、幌加内では先日「新そば祭り」が開催されました。

写真は先月撮影した幌加内のそば畑。

今年も美味しいそばを食べに行きたいです。

diary comments(0) trackbacks(0)
流れのフォルム

 

Coju Hemmi Photography のトップ写真を更新しました。
北海道の道の魅力のひとつに感じている、スノーシェルター。

クールな質感と、近未来を連想させる幾何学的なフォルムが、出口に向かって流れていきます。

地べたから見上げると、この流れの下層はボケて何もわからないけど、上部にははっきりとその方向性が示されていました。

それが何か人生の啓示のようなものに思えてなりません。

思い描くゴールに向かって「しっかり上を向いて、歩いて行け」ということなのでしょうか。

 

こちらからどうぞ。
http://coju.info                    

art comments(0) trackbacks(0)
最北の海で

FUJUFILM X-T1 16-55mm

 

夏の最北の海で、空の青と雲の白とのコントラストに目を奪われた。

その昔、間宮林蔵や松浦武四郎も、こんな空を見上げていたのだろうか。

宗谷岬にて。

color photo comments(0) trackbacks(0)
朽ちていくもの、生き続けるもの

FUJUFILM X-T1 16-55mm

 

朽ちて、屋根しか残っていない廃墟の周りに、何事もなかったかのように生き続ける木々。

自然の力強さを感じる。

そして風景はタルコフスキーの映画のよう。

color photo comments(0) trackbacks(0)
北見神威岬

FUJUFILM X-T1 16-55mm

 

神威岬と言えば積丹半島を思い起こしますが、実は北の果てにも神威岬があることを知りました。

北見神威岬。ここは浜頓別と枝幸の境に位置しています。

先端まで車で行けるにもかかわらず積丹の神威岬同様、神秘的な雰囲気を持つ素晴らしい岬でした。

travel comments(0) trackbacks(0)
| 1/94 | >>