Coju Hemmi Photography
Blood Flood

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

赤く染まる波が、まるで張り巡らされた血管から流れ出る血の洪水のようだった。

color photo comments(0) trackbacks(0)
弧を描く波

FUJIFILM X-T2 100-400mm

 

ジリ(濃霧)で霞む海岸に、波が弧を描いた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
巨大なキャンバス

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

大潮、干潮、ジリ(濃霧)、その全てが重なったとき、浜辺は巨大なキャンバスとなった。

b & w photo comments(0) trackbacks(0)
黄金色の浜

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

潮が引いて露わになった砂浜を、夕陽が黄金色に染めた。

color photo comments(0) trackbacks(0)
北斎のすごさ

FUJIFILM X-T2 18-55mm

 

現代美術作家の村上隆氏は、「世界で最も有名な日本の美術作品は、葛飾北斎の『富嶽三十六景神奈川沖浪裏』である」と言っていました。

 

以前、テレビ番組であの波の形はカメラで捉えたかのようにリアルだと、実際に波を起こしてそれをカメラで撮影し検証していました。

 

『神奈川沖浪裏』が制作されたのは、まだカメラが発明される前です。動くものを止めて見るなんてことはできません。

なのに北斎は、どうしてそれほど克明に描くことができたのか、彼の観察眼にただただ驚くばかりです。

 

↑は滝の写真ですが、この滝を見たとき、ふとこの『神奈川沖浪裏』が頭をよぎったので、北斎へのオマージュのつもりで、シャッタースピードを上げて水しぶきを止めてみました。

 

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
揺らぎ

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

日が沈もうとしているとき、風が吹いて、水面が揺らいだ。

color photo comments(0) trackbacks(0)
大潮の日

Coju Hemmi Photography のトップ写真を更新しました。

大潮の日の海岸。満潮時は波に沈む浜辺も、潮が引いてくるとここまでたどり着けます。

このあとは干潮に向かって、辺り一面、砂浜に変わることでしょう。

 

こちらからどうぞ。
http://coju.info  

 

art comments(0) trackbacks(0)
カモメの幼鳥

FUJIFILM X-T2 100-400mm

 

カモメって、見ていて飽きないです。

狭いところにひしめき合うんですよね。

でも、成鳥は成鳥で、幼鳥は幼鳥で固まってました。

いろんな習性があるんでしょうね。

幼鳥は写真のように茶色っぽい模様で覆われていますが、数年かけて成鳥になると、きれいな白と黒もしくはグレーのツートンカラーになります。

diary comments(0) trackbacks(0)
夜が近づいてくる

FUJIFILM X-T2 16-55mm

 

日が暮れて、夜が近づいてくる。

ここは海岸の入り口から何キロも離れているから、足元が見えるうちに急いで引き上げる。

 

 

color photo comments(0) trackbacks(0)
海中からこんにちは

FUJIFILM X-T2 100-400mm

 

ここ霧多布岬は野生のラッコが観察できる場所として知られていますが、アザラシも見ることができます。

海中からちょこんと顔を出した表情がなんとも微笑ましく、「こんにちは」とあいさつされているようでした。

 

 

diary comments(0) trackbacks(0)
| 1/118 | >>